イラン日記2 旅の準備

f:id:phoosuken:20180918214807j:plain

イランを訪れる時、女性に限りますが、絶対に忘れてはいけないものがあります。

最近、日本でもイスラム教の人を見かける機会が増えましたので、おわかりの方も多いでしょうが「スカーフ」です。

外国人旅行者であっても、イラン国内の公共的な場では、スカーフで髪を隠すことが必須です。イランでは、ペルシャ語で「覆うもの」という意味の「ヘジャブ」と呼ばれています。

1979年のイラン革命直後は、前髪が少しでも見えることさえ許されない状況だったと聞きました。しかし、私が訪れる頃にはそんなに厳しい雰囲気はなく、頭上の髪のおだんごにカラフルなスカーフをひっかけ、前髪は丸出しの若い人も見かけました。

私はイランでスカーフを巻くのに抵抗がないばかりか、どちらかというと楽しんでいます。暑い日射し避けになるし、包まれているような安心感もあるし、なんといっても異国情緒を楽しめるアイテムだからです。なので、家の中で家族や親しい知人同士になるとスカーフを取る人が多い中、私はスカーフを積極的にとらなかったりするわけです。そうすると、「スカーフは暑くてジャマでしょ、だからとっていいのよ」と声をかけられます。慣れない外国人への気遣いもあるのでしょうが、実はこのスカーフ必須をよく思っていないイラン女性が多いように感じています。

日本に留学や滞在したことのあるイラン女性たち何人かに、「日本滞在中、スカーフはしていましたか?」と聞いてみましたが、「していなかった」との反応が意外に多いからです。イランでは、毎日のお祈りを欠かさないような人であっても、日本ではつけないという人もいました。

最近、ヘジャブ強制着用に反対する動きもあるとニュースでみました。必須ではなく、選択できる時代も近いかも知れません。

 

さて、スカーフ。

イランの空港に飛行機が到着し、シートベルトを締めるサインが消えると、一斉に乗客が荷物をおろしだします。そして女性たちは国籍を問わず手荷物からスカーフを取りだし、思い思いの巻き方で頭を覆います。

「あー、イランに着いたな」と思う瞬間です。

という訳で、機内を出たらスカーフ必須。イランに行かれる方、スカーフは機内持ち込みを忘れずに!(miya)

 

イラン日記1 イランってどんなとこ?

f:id:phoosuken:20180819115608j:plain

人生はなにがあるかわからないものでというには大げさですが、若い時には外国に興味のなかった私が、イランに行くようになって7年が経ちました。年1回行ったので7回行ったことになります。

友人に「この間、イランに行って」と話すと、「戦争していないの?」「危なくないの?」と聞かれるのが大方の反応です。

私も最初はそうでした。

《イランの障害者を考えるミントの会》から、イランに行きませんかと声をかけられたのは2012年4月。その時には「ほう」とか「はぁ」といった反応をして、不安そうな顔をしていたに違いないです。会の世話人役の大澤照枝さんから「心配ないですよ」と声をかけてもらったことを覚えていますので。

当時、イランについて知っていたことと言えば、1980年代、上野公園で偽造テレホンカードを売っていた外国人はイラン人らしいという噂。高校生だった私は、声をかけられても、しゃべっちゃいけないと思っていたような。あぁ、あの頃、イランの人と仲良くなるオープンさがあればよかったなーってないない、あの頃はないです。

もう1つ知っていたことは、イラン映画。ミニシアター系の映画が好きだったので、「オリーブの林を抜けて」「桜桃の味」は見たことがありました。アッバス・キアロスタミ監督が巨匠と呼ばれる人とは知らなかったけれど、異国情緒漂う風景はとても印象的でした。

 

日本にいると、イランの様子はあまりわかりません。

でも、行ってみたら、風景は雄大で素晴らしい、歴史文化が深い、人々は人懐こくて親切、そして食事が美味しい(これ大事!)。

たくさんの思い出ができたイランについて、記憶を辿りながら魅力を綴ろうと思います。(miya)

 

夜桜四重奏と住工共生まちづくり

プレイスでは、住工共生まちづくりの支援をしています。世田谷には58.7ヘクタール(区面積の約1%)の「準工業地域」がありますが、その中で最大の準工業地域があるのが桜新町です。

桜新町を中心に、ものづくり事業者、町会、商店街、昭和女子大などが連携して、まちづくりに取り組んでいます。

「ものづくりのまち」を地域の方に知っていただくために、昨年(2017年)「準工業地域事業書マップ」を改定しました。

みなさんは「夜桜四重奏(ヨザクラカルテット)をご存知ですか? 桜新町を舞台にした人気のマンガ&アニメで、昭和女子大の学生さんから、せっかくマップをつくるなら、そのキャラクターを活用できないか、というアイデアが出されました。

ダメ元で作者のヤスダスズヒトさんに問合せしたところ、なんと快くご協力していただけることになり、夢のコラボが実現。今までにない素敵なマップが出来上がりました。(Fuku)

https://adobe.ly/2MXyhh6

 

これからワークショップに行ってきます

私の友人である大学の先生が昨年「エコロジカル・デモクラシー財団」を立ち上げました。
「エコロジカル・デモクラシー」とは、エコロジー(自然)とデモクラシー(社会)を連関させ、一緒に考え、現実のまちづくりや地域づくりを実践していくことを目的にしています。
 
その財団の事業でRandolhp. T. Hester著「Design for Ecological Democracy」をその先生と読むという講座があります(有料)。
 
約5カ月にわたって、毎週送られてくる日本語訳を読んで、その感想をメールで送ると、それについてのコメントがもらえます。途中、イランの出張もあり、かなり大変な講座でしたが先日、無事修了することができました。
 
後で自分の感想を読み直すと、あれ、こんなこと書いたんだ、という文章に出くわします。自分で言うのも変ですが、面白いのです。内容自体は自分で書いたことですから同意できることではあるのですが、いつも感じていることを「表現する」という行為によって、バラバラで漠然とした「思い」が同じ舞台に現れるのです。
 
「おお、君はこんなところで顔をだすのね。」と、知っている俳優が下手から現れてきて台詞を語り出すような感じです。相手役は、本の文章だったり、先生のコメントだったり、他の講座受講者の感想だったりします。相手の台詞にどう応えるか。自分が持っている語彙を総動員し、組み合わせて即興で対応します。でもそこで出てきた言葉は、自分が考えていたこと以上だったりします。
 
本を読んで、誰かが読むことを想定して感想を書き、そのコメントを確認して次の文章を読む。途中には同じ講座に参加している人との交流会もあります。このような過程で、自分でも思わぬ文章を書くことがあるのです。この歳になっても変化することがあるとわかります。
 
このようなプロセスそのものが「議論」であると実感しました。
 
今日はこれから世田谷区でユニバーサルデザイン意見交換会です。
ワールドカフェという方式で、初めて会う方々とも意見交換をします。
短い時間ですが、また新たな体験が待っているかもしれません。ワークショップは、仕事としてはいつも緊張します。それは「即興劇」のように、自分の力量が如実に表れるからだと思います。そして少し楽しみでもあるのはその中での「自分の変化」というものを期待しているからなのだと思います。

アンリアル・マイ・ハニー

2016.11.5

劇団GAIA_crew@東高円寺「笑や」

学生時代のバイト仲間が社会に出た時の葛藤を経て大人として社会に旅立つというテーマで、80年代の「ふぞろいの林檎たち」「セント・エルモス・ファイヤー」など思い出しましたが、それを「妄想(アンリアル)」の彼女を登場させて展開してくところが、今風の若者の味付けで楽しめました。

久々に小さな劇場で出演者の息づかいまで聞こえてしまうほどの近さで見ましたが、始まると違和感なく劇の中に入り込めて、俳優さんたちの力を感じました。やっぱり、ライブはいいですね。

f:id:phoosuken:20161106111419j:plain

終了後、マイ役の深見洋子ちゃんと

f:id:phoosuken:20161106111637j:plain